2017/06/13

台湾 台湾映画

ヘリの墜落事故で亡くなった台湾の映画監督、斉柏林(チーボーリン)に対する、先住民の子どもたちによる台灣原聲童聲合唱團が追悼として歌った「気球に乗ってどこまでも」。斉監督がとても好きだった歌だそうです。ものすごくきれいな歌声で涙なしには聴けません。

彼らは斉監督の「看見台灣」のクライマックスに、玉山に登って合唱している姿が登場する子供達です。斉監督は、この撮影がもっとも危険で死を覚悟したと、私のインタビューでも語っていました。奇跡のようなすごいシーンでした。

© 2017 Nojima Tsuyoshi