2017/07/31

香港映画

 7月27日夜、東大駒場で、2015年7月9日に起きた中国の人権派弁護士一斉逮捕事件「709事件」に関する映画「709の人たち – 不屈の中国人権派弁護士と支援者たち」を見る。とてもいい映画で、弁護士らの家族の本音を引き出し、彼らの健気な頑張りにぐっとくるシーンがいくつもあった。劉暁波の問題と完全につながっている話。

 上映会の前には、来日している監督の盧敬華氏さんとプロデューサーの江瓊珠さんにインタビューする。二人とも香港人のいわゆる民主派の人たち。「中国に民主がなければ、香港に民主はない」という信念でこのテーマに取り組んだ。私以外では、NHKと読売も取材していた。上映会を主催した阿古智子先生は、自分でこの映画の字幕をつくったという。すごい。

© 2017 Nojima Tsuyoshi