おすすめ台湾映画・接線員

台湾映画

山積みになった原稿の締め切りを前に、現実逃避っぽく、台湾映画の紹介を一つ。 ひさしぶりに「すごい」とうなる台湾映画をみた。電話番を意味する「接線員」という作品だ。 予告編はこちら。  舞台はロンドン。台湾出身の女子大生は… 続きを読む

追悼・斉柏林(チー・ボーリン)監督(『天空からの招待状(看見台灣)』)

ジャーナリズム 台湾映画

 台湾ドキュメンタリー映画「天空からの招待状(看見台灣)」を撮った斉柏林(チー・ボーリン)監督が、看見台灣の第二作のクランクインに入ってすぐの昨日、ヘリ墜落で亡くなりました。すべてヘリ空撮で撮ったドキュメンタリー作品を、… 続きを読む

魏徳聖の新作「52Hz, I love you」

台湾映画

 台湾映画のヒットメーカーで「海角七号」「セッデック・バレ」「KANO」などを手がけた魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)が初めて撮ったミュージカル映画である「52Hz, I love you」を、台北の映画館で見た。  「52… 続きを読む

© 2017 Nojima Tsuyoshi