台湾映画「太陽の子」が長野に初上陸。松本での上映会が、22日夜、無事終了いたしました。観客もたくさんきてくださり、トークのあとの質問もたくさん出て、盛り上がる会となりました。長崎や東京から見に来てくださった方もいて感激しました。サントラも予想以上に買っていただきました。
 今回の受け入れ先となってくれた松本CIINEMAセレクトの代表の宮崎さんに、上映前に松本名産の馬刺しをご馳走になり、終了後は松本CINEMAセレクトのスタッフの皆さんと台湾料理のお店で打ち上げも楽しみました。



 それにしても、松本CINEMAセレクトは年間に80本ぐらいも上映会を行っている活発なグループで、こういう人たちがいて地域の文化が支えられているのだなと実感しました。皆さん、ありがとうございました。

© 2017 Nojima Tsuyoshi