1. PICK UP

2022年

5月 平凡社新書から著書『新中国論 台湾・香港と習近平体制』が刊行されました。

4月 『新聞が伝えた通州事件 1937-1945』に、関連論文として『朝日新聞の日中戦争取材~「報道報国」と「報道挺身」の末に~』を寄稿しました。

2月から「Yahoo!ニュース個人」で記事執筆を始めました。

2021年

・週刊文春10月11日号にノーベル平和賞に関する中国の報道について執筆しました。

・10月11日、BS報道ライブ インサイドOUT」に出演しました。

・週刊文春9月2日号に台湾のコロナ対策について執筆しました。

・8月23日、BS11「報道ライブ インサイドOUT」に出演しました。

・週刊文春8月27日号で香港情勢について執筆しました。

「Yahoo!ニュース」の公式コメンテーターになりました。

・週刊SPA!7/13号で習近平の共産党100年演説についてコメントしました。

・6月 ちくま文庫『蒋介石を救った帝国軍人 台湾軍事顧問団・白団の真相』刊行。

・週刊文春6月10日号で「台湾ワクチンで対抗せよ」中国の妨害で蔡英文に援軍」を執筆しました。

・5/31発売「週刊エコノミスト」に台湾のTSMCや半導体地政学リスクについて執筆しました。

・週刊文春6月3日号に「緊急レポート 「横暴『中国』を包囲せよ」を執筆しました。

東亜5月号に「危機管理理論からみた台湾の新型コロナウイルス対策」を執筆しました。

 

お知らせ

  • 連載

    AERA dot. アエラドットに、台湾の統一地方選で台北市長に当選した蒋万安氏のことを書きました。「未来の総統候補」などと報じるのは、まだまだ時期尚早ではないかと書いてます。それにしても、古巣からの依頼はちょっと嬉しい。紙の週刊朝日にも転載されます。 さらに詳しく

  • 連載

    ニューズピックスに台湾の統一地方選に関する分析『台湾、ゆれやすい民意、「民進党敗北」をどう読み解くべきか』を書きました。日本社会にも広がった「なぜ」に答える内容になっているかと思います。今朝のアップです。
    よければご一読をお願いいたします! さらに詳しく

  • 連載

    昨晚接受報導者的專訪,講述我對這次選舉的觀點,和大家分享。主要論點如下。謝謝報導者的訪問!
    ・這次年輕人給民進黨政府一個教訓
    ・民進黨並非輸給國民黨、也不是輸給中國,就輸給自己
    ・為總統選舉,該儘快總結失敗,整合黨內,失敗轉為改變的開始
    台湾の統一地方選について昨晩台湾メディア「報導者」のインタビューを受け、今回の結果について分析しました。主な論点は昨晩のYahoo!ニュースでも書いていますが以下の通りです。
    ・若者など従来の支持層が民進党に「手痛い教訓」を与えた。
    ・民進党は、国民党や中国に負けたというより、自分自身に負けた。
    ・総統選挙に向けて、敗因を総括し党内分裂を修復し、失敗を変革のスタートにすべきだ。 さらに詳しく

  • 連載

    台湾統一地方選、開票の結果、民進党の大敗が確実となりました。Yahoo!ニュースに、どこよりも速い最新の分析を書きました。さきほど党主席の辞任も表明しました。この手痛い敗北をどう読み解くべきなのか。よければご一読お願いいたします。 さらに詳しく

  • 連載

    台湾の統一地方選、投票まであと2日。民進党の苦戦が続いています。ドイツ戦での日本のような盛り返しはあるのか・・。現地から最新情勢について書きました。よければご一読を!

    →台湾統一地方選で与党苦戦 大敗なら中国に付け入る隙も
    @WEDGE_ONLINEより さらに詳しく

  • 連載

    台湾映画の歴史に関心がある人には必見の映画です。映画の背後で「音」を自由自在に操る無名の職人たちを描いた台湾ドキュメンタリー『擬音 A FOLEY ARTIST』、本日から公開です。映画評を書きました。 さらに詳しく

  • 連載

    【書評執筆のお知らせ】
    『台湾流通革命ー流通の父徐重仁に学ぶビジネスのヒント』について書評を執筆しました。 さらに詳しく

  • ブログ

    【尾道・向島のカフェ「tsubuta SANK!」】 さらに詳しく

  • 連載

    天下雜誌這一期專欄寫的是20大對日本帶來的影響。繼承改革開放傳統的幹部通通被排除,對日本來說,我們失去了可信任的中國朋友。沒有改革開放的中國,就意味著日中友好時代的終結。

    今月の台湾・天下雑誌のコラムでは、中国の党大会の結果が日本に対して意味することは「日中友好時代」の完全なる終焉ではないか、という原稿を書きました。よければご一読を。 さらに詳しく

  • 連載

    中国共産党大会と台湾問題について、ウエッジ・オンラインに書きました。台湾シフト、といえるのではないでしょうか。人事と発言から読み解きました。 さらに詳しく

連載一覧

Twitter

Facebook Instagram

© 2022 Nojima Tsuyoshi