2012/10/09

食とエンタメ

講演で行った札幌から、翌日のフリータイムに小樽まで足を伸ばした。
半日ほどの滞在時間では、やっぱり何を食べるかに集中するしかない。
寿司も考えたが、いろいろあれこれ食べるにはやはり自由に注文できるタイプの店の方がいいと思い、有名な「三角市場」に行ってみた。

JR小樽駅近くの三角市場では、数軒の鮮魚店に併設された10席程度の海鮮料理屋があって、海鮮丼などの定食もあるけど、店頭の鮮魚を自由に頼んで調理してもらうこともできる。どこか台湾っぽいシステムが気に入った。

ちょうど鮭のシーズンらしく、鮮魚店の店頭には、筋子から醬油に漬けられたイクラがたくさん並んでいた。試食でつまませてもらうと、ぷりぷりに弾ける食感に驚いた。こんなイクラ、食べたことない。

$私は書きたい

しかし、それよりももっと驚いたのは、シーズンが始まったばかりだというアワビ。丸ごとさしみにしてもらった。弾力のある歯ごたえのあとに、口の中で溶けていくこと。そして、あわびの肝の濃厚なこと。フォアグラを10倍濃縮したような感じだった。

$私は書きたい

あとここの市場で良かったのは丼の上に載せる海鮮の種類を自由に決められること。
10種類ぐらいのオプションがあるなかで、
イクラ、ウニ、ボタンエビ、サーモンを選んだ。
このうちサーモンはちょっとはずれだったが、ほかはとてもおいしかった。
三角市場は観光地化して値段も高めというが、
これで2000円というのは安いな。カニのみそ汁も申し分なかった。

$私は書きたい

© 2021 Nojima Tsuyoshi