尖閣諸島問題で吹き荒れた反日デモのなかで掲げられた多くのプラカードに書かれた言葉は、「小日本」「日本人を殺し尽くせ」など、どれもぞっとさせられるものばかり。中国人という民族とは永遠にわかり合えないのではないかとついつい思ってしまうほど、過剰かつ過激な言葉が並んでいた。

しかし、デモに飛び交う殺伐とした言葉のなかで、よく目を凝らしてみると、ふっと笑いが漏れてしまうものも含まれていた。特に、日本女性をネタにしたものはなかなかユーモアが利いていて、不謹慎かも知れないが、ちょっとばかり安心させられた。
その中でも秀逸だったのが、この写真。

$私は書きたい

「抗日 抵制日貨 娘们除外」
(抗日 日本製品をボイコットせよ、ただし女性は除いて)
日本女性の世界的なブランド力については言うまでもないが、評判はやはりかの地でも抜群に高い。

また、中国ではAVが禁じられているので、ネットが普及した結果、ますます手軽に日本のAVが海賊版で手に入るようになり、日本のAV女優の名前や作品については、中国人の男たちの方が我々よりもよっぽど詳しかったりする。
昔、日本のAV女優で圧倒的に人気があったのが飯島愛だが、時代は変わり、いまのナンバーワンは蒼井そらだ。丸顔にくりくり目という中国人のストライクゾーンど真ん中だったこともあって、もともと日本のAV女優のなかではトップレベルの知名度を誇っていた。彼女は数年前から独学の中国語で始めた中国ツイッター「ウェイボー(微博)」が大人気となり、いまや1300万人の巨大フォロワーを擁するまでになっている。
その蒼井そらをもじって今回、尖閣諸島がらみで流行語と言えるほどまで、どの都市のどこのデモでも使われたのは、
「釣魚島是中国的,蒼井空是世界的」
(尖閣諸島は中国のもの、蒼井そらは世界のもの)
だった。

つい最近、東京で彼女にインタビューする機会があったが、「よく分からないけど、ネタみたいなもんですよ。ほんと、不思議ですよね~」と笑い飛ばしていた。
しかし、彼女自身は実感していないかも知れないが、燃え上がる抗日気分のなかで、中国人の心の中に「日本も悪くない」と思い起こさせるあるいは唯一の人物だったことは間違いない。その意味では、日本女性、とりわけ蒼井そらの果たした役割は大きいといえるだろう。

*フォーサイト(http://www.fsight.jp/)「専門家の部屋(中国)」コラムから転載

© 2021 Nojima Tsuyoshi