2012/11/20

食とエンタメ

昨日、取材で東京駅から東北新幹線に乗るとき、駅弁を探していて、
日本全国の駅弁をそろえた「駅弁屋 祭」というコーナーにたどりついた。

私は書きたい

朝5時半から空いているらしく、私が行った7時の時点でもう店内は人でごった返す人気ぶり。
なんでも全国200種類のありとあらゆる駅弁をそろえていて、
ここに来れば日本各地のたいていの有名な駅弁は買えるのだとか。
店頭には、一番人気とか三番人気とか順位までついた駅弁が並んでいた。
人気なのは、仙台の牛タンとか山形の焼き肉とか、神戸のタコ弁当あたりのようだ。

そんななかで買ったのは、北海道・厚岸のカキを使ったカキ弁当。
新幹線に乗って食べてみたが、炊き込みご飯を一口食べて驚いた。

$私は書きたい

こりゃうまい。ご飯は、カキとサザエとアサリとショウガを一緒に炊き込まれていて、
味がものすごく濃い。上にのっている四粒のカキも大きかった。
値段は980円。カキがあと2個ぐらい多かったらもっと良かっただったけど、
なかなか満足度の高いお弁当だった。
東京駅を使う楽しみが増えました!

© 2021 Nojima Tsuyoshi