2013/02/25

台湾

$私は書きたい

$私は書きたい

台北一の繁華街、西門町で見つけた蔣介石グッズのお店「蔣堂」。
漢中街24号で、有名な「三兄弟豆花」(豆花より綿花氷が美味しい)の向かいにある。

最近、台湾では、蔣介石や蔣経国などのキャラクター商品があふれている。
中国から台湾に来ている観光客にとって、蔣介石グッズは必ず買って帰りたいものの一つのようだ。

この「蔣堂」も今年4月にオープンして以来、お店は大繁盛している。
店員さんによれば「いつも大陸の観光客がバスで乗り付けてまとめ買いしていく」という。
昔、中国では蔣介石は「蔣匪」。国民党はファシスト集団。打倒しなければならない敵だという教育を受けてきた。
そんなかっての「敵」がこんなに可愛いグッズになっていれば買いたくなる気分も分かる。

しかし、最近では、蔣介石ブームのようなものが起きていて、蔣介石についての歴史研究も盛んで、本屋にいけば蔣介石の本が毛沢東の本よりも多いという逆転現象が起きている。
実際、書く方も蔣介石については存分に悪口も書ける。毛沢東や周恩来については書きたくても書けない。研究者たちも作家たちもそれは蔣介石を書きたくなるだろうなと思う。

© 2021 Nojima Tsuyoshi