2013/06/06

執筆・出版

東洋経済オンラインの隔週コラム「グレーターチャイナ縦横無尽」に、
「中国の統計が歪んでいくカラクリ」をアップしました。
こちらをクリック

中国の統計について、正確さを疑う声が世界中で上がっています。
中国のGDP統計は、世界経済の動向を左右する重要な数字になりました。
しかし、その数字が本当かどうか疑心暗記になっているの、やっかいです。
果たして正しいのかどうかを検証することも大事ですが、
中国統計の正確性については、古くて新しい問題であり、
なぜ中国では統計の正確性が大事にされないのかという、
いささか根源的な問題を理解することも必要であると感じます。
大躍進時代にさかのぼってそのあたりを書いてみました。

「グレーターチャイナ縦横無尽」バックナンバー
こちらをクリック

© 2021 Nojima Tsuyoshi