2013/09/06

中国グルメ

四川の食シリーズの最終回です。楽山の田舎にあるレストランに、
取材先から招待されて出かけたところ、
信じられないぐらいおいしい料理が続々と出てきて、箸が震えてしまいました。

これは、豚の角煮、東坡肉(トンボーロー)。蘇軾(蘇東坡)が作ったと言われて、その名前がつけられているが、蘇東坡がこの料理を最初に作ったのはそういえば四川だった、らしい。
その意味では、本場の東坡肉!
それだけではなくて、豚肉の脂身がとにかく甘くとろけて、最高。

$私は書きたい

これは、四川料理の定番の前菜「蒜泥白肉」。
これも、いままで食べてきた「蒜泥白肉」とは全然違う。とにかく美味い。

$私は書きたい

これは黄燜雞という料理。楽山の地元料理の一つということだった。
鶏肉をジャガイモなどと一緒にたくさんお酒を使って煮込んだという。

$私は書きたい

これもしんじられないぐらい美味しかったタケコノの炒めたもの。
とりたてのタケノコをあっさりと料理しただけなのだが、
新鮮きわまりないタケノコの食感がたまらなかった。

$私は書きたい

© 2019 Nojima Tsuyoshi