2013/10/24

執筆・出版

自慢ばなしを、少しばかり。
中国の大手ポータル・テンセント(騰訊)が運営するコラムサイト「大家」で、
今年4月から始めた私のコラムのPVの総計が1千万を超えました。
http://dajia.qq.com/user/yedaogang

ここのコラムサイトは、あまり日本にはないタイプのサイトなのですが、
100人ほどコラムニストを集めて定期的にコラムを発表するもので、
月2回ほど原稿を出すという約束で書いています。
私は、日本のことを書くほか、中国への見方、台湾問題などを書いてきて、
知名度の高い中国の書き手たちのなかでもかなり記事が読まれているようです。
執筆陣で唯一の日本人ということもプラスしたのだと思います。

個人的にここしばらく考えていることなのですが、
ジャーナリストでも学者でも作家でも、
日本人の書き手は、もっと海外の言論空間に出ていくべきではないかと思います。
日本で活躍する中国や韓国その他各国の言論人たちを見ていて、いつも感じていました。
特にこういう時代ならばなおさら、日本人の考えを直接現地の人々に伝えるのは大事です。
去年ぐらいから原稿をチェックしてくれる中国や台湾の人を確保して、
中国や台湾でコラムやブログをいくつか始めたのは、
自分でちょっと挑戦してみたい、そういう考えがあってのことです。
私もまだまだですが、今回はいちおう1年ぐらいで到達できればという数字に、
思いのほか早く到達できたので、報告させていただくことにしました。

© 2021 Nojima Tsuyoshi