2013/11/19

日本グルメ

$私は書きたい

東京以外のどこかに何かの用で出かけるとき、ぎりぎりの時間を使ってでも、何か「ああ、ここにはこんな美味しいものがあったのだな」という実感をもって帰りたいといつも思っている。
そういう美味しいものに出会えればまた来きたいと思うだろうし、
そうでなければ、もちろんそれだけではないが、動機の一つがなくなってしまう気がする。

秋田の鹿角に週末に講演で出かけた。フライトが霧で羽田に戻ってしまったりいろいろあったが、
無事仕事を終えて、さあ帰ろうかという際に、鹿角の知る人ぞ知る名店「菅野ラーメン」があるということを教えてもらい、次に予定を入れていたアポを一時間あとにずらした。

正確に言うと、菅野食堂というお店のラーメン。でも「菅野ラーメン」と呼ばれている。

$私は書きたい

食べてみてびっくり。どうしてこんなに美味しい醤油ラーメンが・・・
たぶん煮干しや鰹節でたっぶり取っただしに、東北っぽい濃い醤油で味と色がついている。
チャーシューは脂身が入っていない好みのスタイル。シナチクにもしっかり味がついている。
これが醤油ラーメンだという味で、600円とちょいと高めだが、
創業62年以来の人気の味だというのもうなづける。
隠れた名店だ。といっても地元の人にとっては全然隠れてなくてかなり有名な存在らしいが。
月に一回ぐらい食べたい味である。

$私は書きたい

一緒に菅野ラーメンを食べていただいた、鹿角市先人顕彰館の小田嶋館長。
店内はにぎわっていて、日曜の午後だというのに完全に席はいっぱいだった。
満足感たっぷりに鹿角を去ることができた。
もちろんそれだけではないけれど、ぜひまた来きたいと思った。

菅野食堂
秋田県鹿角市十和田毛馬内字古下33
営業時間:10:30~19:30

© 2021 Nojima Tsuyoshi