2014/01/17

台湾グルメ

台北でお昼時、「四維路」という、敦化南路と信義路の交差点あたりに通っている細い道を歩いていたら、いやに混んでいて、美味しそうな雰囲気の麺屋さんがあったので入ってみた。
不思議だったのは店の看板がまったくないこと。

牛肉麺のお店なのだが、珍しく澄んだスープの「清湯」しかない。
麺は、しこしこした平打ち麺で、「牛肉湯麺」(45元)を頼んだので、牛肉は入っていない。
牛骨でとったスープは、薄味に見えるが非常に濃厚だった。
赤黒い牛肉麺のスープに慣れ切っていたので、逆に新鮮で、完食してしまった。

「小菜」で取った煮卵と豆腐乾と海帯が、また抜群に美味しかった。
この「小菜」に手を抜いていないお店はたいていいい店なのである。

これはかなりの名店だと思うのだが、紹介されているのを見たことがない。
ものすごく店員さんも忙しそうなので、店名を聞くことも控えてしまった。
でも場所は憶えた。また行こう。

名前不詳
台北市四維路148号
(信義路と敦化南路交差点から徒歩3分)

© 2021 Nojima Tsuyoshi