先週発売の「ビッグコミック」(8月10日号)のゴルゴ13で、台湾で蒋介石を助けた日本人軍事顧問団「白団」のシリーズが始まりました。タイトルは「白団回顧録」。

今号は前編で、おそらく中編、後編と続いていくのではないでしょうか。拙著「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」に多少は触発されたものであるとすればうれしいのですが、
もしそうでなかったとしても、白団のことが、筆者の長年の愛読書であるゴルゴ13で取り上げられること自体が、かなり大きなサプライズで喜んでいます。

北海道、日高山地で、巨大ヒグマを殺害するゴルゴ。
ゴルゴはなぜか熊の左手・左足だけを切り取って立ち去りました。
そして、相次ぐ高齢者の殺害事件。被害者はいずれも陸軍中野学校の卒業生だった。
ゴルゴは、満漢全席を作る事ができる料理人を台北で探す。
戦いを求めて台湾にわたった日本軍人たちをめぐる陰謀が動き出している・・・

という感じで、前編は終わっています。

次号発売は8月9日。待ち遠しいです。

© 2021 Nojima Tsuyoshi