1月16日にあった台湾総統選挙について、あちこちのウエブメディアを中心に、原稿をいろいろ書きました。たくさん書きすぎたのか、友人たちから「なぜ朝日には書かないの?」と聞かれたほどですが、いまのところ残念ながら台湾問題について朝日で書く社内のポジションにいないので、外で書いています。同時に、私にとって4年に1度の総統選を書かないという選択肢はありません。だから、いろいろなところにお願いしたり、依頼があったらできるだけ受けさせていただいて、書かせてもらっています。

 報道や分析をやっている人間にとって、書くという行為を抜きに、自分の見ていたものを論理化す
ることはできません。そうしないと、自分の血肉にならないのです。そして、後にも残りませんし、どんどん忘れていきます。だから、見たこと、考えたことは文字にしていく。それは、このブログの趣旨というか、私が目指しているいちばん本質のところでもあります。

 若い頃、支局のデスクに「聞いたらすぐ書け」といつも怒られていましたが、いまでは座右の銘です。書いた内容に不備や不十分があれば改めてもっといい文章を書けばいいと思います。完璧な1本の記事よりは、80%の記事を3本書く。それは、人によってもちろん違いもあるでしょうが、このジャーナリズムという仕事で私が大切にしたいおおよその相場観です。

 記録として、また、皆さんの参考として、以下に、今回の台湾総統選で書いた記事のリストを全部載せておきました。

*台湾総統選関係で書いた記事は以下にまとめています。
【国際情報サイト フォーサイト】
・変化を選んだ台湾「3度目の政権交代」へ
http://www.fsight.jp/articles/-/40854

・台湾総統選を決した「天然独」の台頭

・『「台湾人アイドル謝罪事件」の読み解き方』

【ウエッジ・インフィニティ】
・理想」が「現実」に勝利した台湾選挙
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5909

【東洋経済オンライン】
・”コミュ下手”の蔡英文が総統選を制した意味
体育会気質の民進党で躍進したエリート学者
http://toyokeizai.net/articles/-/100957

【NEWS PICS】
・民進党圧勝。台湾と中国の新しい「政治ゲーム」が始まる
https://newspicks.com/news/1350360/body/?ref=search

 

© 2019 Nojima Tsuyoshi