2016/04/26

その他

本日、自分の公式サイトを立ち上げました。

会社を辞めてから一ヶ月ほどになりますが、実際には半年前ぐらいにフリーになることは決めており、このウエブサイトの立ち上げも「独立後」に向けてこっそり進行させてきた大事なプロジェクトの一つでした。いまは日本語だけですが、中華圏向けに、簡体字、繁体字のバージョンも5月か6月に立ち上げる予定です。

この公式サイトの役割はジャーナリスト・野嶋剛のプラットフォームです。わたしの活動に興味を持ってくださる方、本や記事を読んでくださる方、仕事を依頼してくださる方などが、ここを訪れれば、随時、必要な情報を得ることができる「ワンストップ」の役割を果たす期待を込めました。

シンプルで、機能的で、使いやすいものになるよう、私の好きな沖縄にあるホームページ制作会社「コードグラフ」の若い皆さんと綿密な打ち合わせを重ねながら作りました。もちろん改善点も今後出てくるはずで、皆さんのご意見に耳を傾けながら、内容をより充実させていくつもりです。

「独立後」のもう一つのプロジェクトである「台湾とは何か」「故宮物語」という二冊の本の刊行も、朝日新聞にいたままだったらもしかすると書けなかったこともたくさん盛り込んだものになっています。間もなく、書店に並ぶことになっており、一人でも多くの方に、手に取っていただけることを願っています。

書くことが好きで、この仕事を24年前に始めました。書いているときほど、生きている実感があるときはありません。ちょっとしんどいことがあっても、遠くにいる読者に向かってパソコンのキーをたたくことで自分を保っていられます。要するに、書くことしか能がないわたしは、読者や媒体の皆さんから望まれている限り、今後もしぶとく書き続けていくはずです。

6年前に始めたアメブロのブログ「私は書きたい」も、そんな気持ちでつけたタイトルでした。書いたり書かなかったりなのに、けっこう読みにきて下さる方がいてくださり、愛着もたっぷりあったので、昨日までにアメブロの全内容をこのサイトに統合した後も、この名前は残すことにしました。

それでは、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

© 2021 Nojima Tsuyoshi