2017/12/25

その他

【中国人留学生殺人事件】

 20日午後は、中国人留学生殺人事件の判決公判があり、東京地裁に出かけた。法廷前では数社のTVが集まって現場から実況中継をしていた。35人の傍聴席をめがけて300人以上の傍聴希望者の大半が中国人。くじを引いたけど外れてしまい、落胆していたところ、たくさんくじ引き要員を並ばせていたフェニックスTVのチームからあまりのあたり券をわけてもらってうまく法廷に入った。

 この裁判に対する中国の異常な盛り上がりに、裁判所側も緊張しまくって、法廷のなかでは「騒ぐな」「余計なことするな」といった注意をかなりしつこく言われた。一応、新聞社で司法記者も経験したが、少し地裁も緊張しすぎている印象。判決は求刑通り20年となった。殺された女性のお母さんも法廷にいて、ひたすら被告を凝視している姿が印象的だった。
 夜はそのままフェニックスのネットニュース「鳳視頻」に出演させてもらい、孤軍奮闘でこの事件を報じ続けてきた李淼支局長と一緒に、日本と中国の死刑に対する考え方の違いや、日本における死刑判決や死刑執行の慎重な取り扱いについて解説しました。こちらリンクからみれますが45分番組で長いです。

© 2021 Nojima Tsuyoshi