2018/02/01

アジア

 パラオ最後の訪問地は、太平洋戦史にのこる第一海兵師団との激戦の末、日本兵1万人が玉砕したペリリュー島。天皇皇后両陛下のご訪問のあと、日本からの慰霊の旅の参加者がとみに増えているようです。

 戦没者慰霊碑、ペリリュー神社、天皇皇后のご休憩所、島のあちこちにある戦車や飛行機の残骸、ペリリュー戦争博物館、日本軍の旧通信施設、水戸第二連隊を率いた中川大佐の自決の地である大山などを訪れました。


 朝、パラオのコロールを船で出て高速艇で波しぶきを浴びながら1時間のところにペリリュー島はあります。戦跡めぐりで一日十分に過ごせるところで、多くの人が何度も訪れているのもわかります。120米ドルプラス島観光税15ドルの価値は十分すぎるほどあります。
 天候もきわめて良好で濡れた服があっという間に乾いて今度は汗でびしょびしょになりました。

© 2018 Nojima Tsuyoshi