2018/04/03

台湾

【イベントお知らせ(主に東北地方の方へ)】
 4月7日、台湾環島プロモーションの一環として、春の仙台へお招きいただき、環島についてイベントを開催します。私の方は講演と、講演後にあるトークでコーディネーターを務めさせていただきます。
 ツール・ド・東北など、自転車イベントが盛り上がっている東北のみなさんにも、台湾に出かけて環島を楽しんでもらえるきっかけとして、さらに、東北と台湾を自転車でつないでいく一歩になればと思っています。
 ご関心のある方、ぜひご参加をお待ちしています。申し込みは下記リンクからできます。よろしくお願いいたします!

[お申し込みリンク]
Facebookイベント
Googleフォーム

———————————–
一青妙さん&野嶋剛さん
【台湾一周の旅「環島」】トークイベント
———————————–

 日本人の人気観光地「台湾」。特に台北は人気の目的地ですが、台湾にははまだまだ多くの魅力が溢れています。
 一青 妙(ひとと たえ)さんは幼少期を台湾で過ごし、現在はエッセイスト、女優としてその魅力を発信し続けています。昨年は自転車で台湾を一周する「環島」の体験をまとめた本を出版され、「環島(かんとう)」とはなにか、そして、新しい台湾の魅力を紹介してます。
 また、台湾についての多くの本を出版されているジャーナリストの野嶋剛さんもまた近年、この環島の魅力を伝え続けています。今回、お二人をお招きして、環島とは?、そして新しい台湾の魅力を語っていただきます。
日本の九州ほどの大きさの台湾を1周して出会うさまざまな風土、文化、伝統、食、人の魅力やそれぞれの違いを知ることは、日本、東北と一括りにされてしまいがちな地域のそれぞれの魅力を再発見するきっかけともなるかもしれません。台湾という土地を通じて、東北の地域産業活性化への糸口を見出していきたいと考えています。

■プログラム:
13:30 開場
14:00 開始・ごあいさつ
14:10より
一部
講演『台湾で環島が盛り上がる理由』  野嶋 剛氏
講演『台湾環島体験レポート』 一青 妙氏

15:20より
二部 パネルディスカッション
一青 妙氏、仙台国際空港株式会社 取締役営業推進部長 岡崎 克彦氏、仙台灣隊
ファシリテーター:野嶋 剛氏

■参加費:1,500円
※講演後、一青妙さんと野嶋剛さんのサイン会を行います。

■場所:INTILAQ(インティラック)東北イノベーションセンター
〒984-0015 仙台市若林区卸町2-9-1
仙台市営地下鉄東西線 卸町駅下車 北1出口より徒歩5分
アクセス http://intilaq.jp/access/

■お二人のプロフィール:
野嶋 剛氏
ジャーナリスト・作家
朝日新聞台北支局長などを経て2016年からフリーに。
『台湾とは何か』で第11回樫山純三賞(一般書部門)を受賞。
『ふたつの故宮博物院』、『銀輪の巨人 GIANT』、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』など、台湾に関する著書多数。

一青 妙氏
エッセイスト・女優
父親が台湾人で、幼少期は台湾で暮らす。
台南市親善大使を務め、日台の架け橋となる文化交流活動に力を入れる。
『私の箱子』、『ママ、ごはんまだ?』、『私の台南』などの著書がある。趣味はサイクリング。台湾環島を二度、経験し、日本での環島普及を進めている。四国一周サイクリングPR大使でもある。

■お問い合わせ先
チーム台湾《仙台灣隊》まで、Eメールでお願いします。
メールアドレス taiwan@office-plan-b.main.jp

主催(企画・運営):チーム台湾《仙台灣隊》
協賛:株式会社ツアー・ウェーブ
協力:仙台国際空港株式会社
後援:仙台市、センダイ自由大学

© 2018 Nojima Tsuyoshi