2018/04/09

台湾 自転車

 仙台での環島イベント「台湾一周の旅『環島』トークイベント」が週末開催されました。インティラック・東北イノベーションセンターという立派な会場が満員になり、講演、トークを含めてともて充実したものになりました。

 環島について、私からなぜ台湾で環島が盛り上がっているのかという問題提起をし、一青さんからは2回にわたる体験談を語ってもらいました。


 私がファシリテーターを務めさせてもらったトークでは、仙台国際空港の岡崎部長から東北や仙台の海外客の受け入れの現状と問題点について、日台交流のグループ「チーム仙台・仙台湾隊」の松本さん、後藤さんから、いま盛り上がっている台南との交流の最前線のお話と、なかなかリッチな内容になったのではないかと思います。

 私からのメッセージである「環島はスポーツではなく、文化である」という点が伝わったように感じられたことは嬉しかったです。仙台と東北に、環島の種をまいておくことができたので、これからゆっくり育っていって、いつか遠くない日に2wayの「環台湾」と「環東北」がつながっていくことを願っています。
 仙台のキーマンのみなさんが集まった打ち上げの席では、途中で退席して一人新幹線の最終便で東京に戻りましたが(泣)、それでもたっぷり東北の酒と肴を堪能させていただきました。会場のムードも設営もばっちりで仙台のみなさんのイベント遂行能力には脱帽です。岡崎さん、チーム仙台の松本さん、後藤さん、笠間さん、そのほか準備にあたってくださったみなさん、本当にありがとうございました!

© 2018 Nojima Tsuyoshi