2011/11/16

食とエンタメ

いろいろな原稿を進ちょくが同時に襲ってきて、やっと一段落しました。はあ。疲れた。
来月ぐらいに、いろいろ本や雑誌の記事が出ると思います。
詳細は告知欄などでお知らせします。

朝日新聞の新鮮日本編集部の仲間たちと、この週末、鍋を囲みました。
編集を担当してくれている王くんの長男が生まれたことをお祝いするのが目的で、
千葉県の王くんの自宅にそれぞれが材料を持ち合いました。

$私は書きたい

ある人はキノコと野菜を、別の人は羊の肉を、また別の人はお酒を持ってきた。
私は、編集長としての威厳を示すため、100グラム2千円の最高クラスの山形牛と、高級赤ワインを持参しました。

$私は書きたい

羊も牛もキノコも野菜も美味しく、本当に満腹してしまった。
お酒もビールあり、日本酒あり、ワインありで、大変酔っぱらってしまい、参加者の一人は王くんの家に泊まってしまった。

$私は書きたい

アジアにおいて、鍋は一つの共通文化ですね。
日本も中国・台湾も韓国も、鍋を食べる。
日本の鍋はちゃんこや鶏鍋が美味しい。中国は羊のしゃぶしゃぶやとびきり辛い火鍋が有名。
台湾で一番私が好きなのは「酸菜白肉火鍋」。韓国はもちろんキムチ鍋が最高です。

$私は書きたい

だんだん寒くなってきて、鍋が美味しい季節になってきました。
皆さんも、美味しい鍋を食べて寒い冬を乗りきって下さい。

© 2021 Nojima Tsuyoshi