2012/10/23

台湾

台湾にいる時、ジュディ・オングの版画展がやっていたので見てきました。
タイトルは「無限 倩玉的版画世界」。会場は台湾の国父記念館。ジュディさんにとって、版画を始めたころから最近の作品まで、その版画創作活動の集大成のような展示会で、必見もの。10月3日から始まって、24日まで開かれています。

$私は書きたい

ジュディさんから招待状をもらっていて、行けるかどうか分からなかったのですが、
ちょうど台湾に仕事で行くことができたので、その合間をぬって見てきました。

日本の寺院や庭園、古い民家などをモチーフにしているのですが、
その空間の切り取り方が、どこか日本風ではない気もします。といって中国でもない。
台湾と中国と日本のすべての美意識が集約されたような作風に改めて関心しました。
以前、月刊文芸春秋でジュディさんの人生を取り上げたことがありますが、
歌も演技もやりながら、この版画もやり続けるエネルギーはどこにあるのでしょうね。

土曜日だったこともあって、会場はもう人で一杯。参観者も三万人を突破したようです。

© 2021 Nojima Tsuyoshi