2013/06/07

日本グルメ

$私は書きたい

以前清明上河図の本を出したことがある勉誠出版の人と打ち合わせで連れていってもらった神田の新世界菜館。
中華のランチコースでも食べようかと思ったら、メニューにカレーがあるのを発見。
上海料理の名店として知られる新世界飯店にカレーがあるとは知らなかった。
しかも、勉誠出版の人の話では、このカレーは裏メニュー(といってもメニューに書いてあるから表なんだけど)として人気が高いらしい。
ちょうどカレーが食べたい気分だったので反射的に注文した。
しかも、「排骨カレー」(1200円)というヘビーなものにした。

そしたら、出て来たのが、お風呂のバケツみたいに大きなどんぶりから、
あふれ出てきそうな山盛りのカレー。そして、手のひら以上に大きい排骨。
ちょっとこれは食べきれない・・・

味は日本風のカレー。ただ、ちょっと味つけが違う気がした。
中華料理店だから中華だし風な感じなんだろう。悪くない。
半熟たまごをかきまぜ、紅ショウガをいっぱ入れてぐちゃぐちゃにかき混ぜたら、
吉野屋で牛丼つゆだく卵入りを食べているような気分になった。

© 2021 Nojima Tsuyoshi