2013/10/02

台湾グルメ

$私は書きたい

台湾のお店はたいてい愛想がいいんだけど、
この店のオバサンだけは、本当にひどい対応で、ここは中国かと思ってしまう。
いつも嫌な思いをするのだが、
この日も、テーブルに座ったところ、勝手に醬油とお酢を小皿に入れ始めた。
こちらは黒酢だけで唐辛子を入れるのが好きなのに・・・。
自分でやるからいいよと言うと、不満そうに黙ってあっちに行ってしまった。

しかし、餃子の味が抜群にいいので、ついつい通ってしまう。
焼き餃子は中国語で「鍋貼」というけど、本当に鍋に張り付けて焼いた感じだ。

台湾は、焼き餃子はあまり多くない。
もともと台湾は粉食ではないので、餃子文化が戦後入ってきた外省人が広げた。
中国大陸では、水餃子がやはりメジャーなので、
台湾でも自然と水餃子を食べられるお店は多いのだが、焼き餃子は少ない。
だから、美味しい焼き餃子のお店は、それだけで貴重なのである。

かぶりつくと肉汁が飛び出てくる。焼けた皮が香ばしい。
餡にもしっかり味がついているので、たれにつけなくてもいい。台湾ビールがすすむ。
10個あるが、7個ぐらいでお腹がいっぱいになる。残りも頑張って食べた。
大満足して眠くなったので、近くのマッサージ屋に駆け込んだ。
こういうのが、台北の典型的な楽しい夜なのである。

「華北餃子館」
台北市長春路81號
定休日:日曜日

© 2021 Nojima Tsuyoshi