2013/12/03

自転車

改正道路交通法で、12月から自転車は路側帯の逆走ができないことになり、最大5万円の罰金が科されることになった。
ここ数日、自転車で走っていると、交差点などで取り締まりや注意を呼びかけている警察官の皆さんをよく目にする。
路側帯はどちらでも走っていい、という従来の法律がおかしかったのであって、今回の改正は非常に正しい。路側帯だけではなく、歩道も、車道も、とにかくすべてどんどん取り締まってほしい。
逆走廃止は、日本の自転車文化の育成のために、絶対必要だからである。

同時に、警察には、必ず強化して欲しいのが、路上駐車の取り締まりだ。
路側帯に駐車している車のなんと多いこと。
自転車が左側を走ろうと思っても走れないではないか。

それに、これは絶対やって欲しいのが、車道の路肩部分にもうけられているパーキング対策である。
これって、警察が業者さんに許可を出しているからやっているのだと思うが、
都心を自転車で走っていると、この車道パーキングのおかげで本当に走りにくい。
どうしても車道の中心部方向にふくらんで走らざるを得ないから非常に危ない。
これはもうすべて撤去すべきではないか。
お金をもうけさせながら自転車運転者の安全を危険にさらしているわけで、道交法の精神にも反する。
このパーキングの業者さんに警察のOBが天下っていないことを祈るけど・・・

自転車に左側走行のマナーを要求する以上、長時間の路肩駐車を原則排除する方向が次の一歩になることを期待しています。

© 2021 Nojima Tsuyoshi