2017/05/24

執筆・出版

 台湾で出版した「故宮90話」(日本語版:故宮物語)がこのほど初めての増刷が決まりました。発売から1年たっての増刷で、この分厚さでこの値段、初版もけっこう刷ったので、増刷までいくかな、どうかなと思っていましたが、じっくり時間をかけて売れ続けてくれたようで、一安心しました。
 ところで中国ではいま簡体字版の出版準備が進んでいて、今年の秋には発売される予定になっていますが、「政治的に敏感な内容を含んでる」とかなんとかで、事前の検閲に引っかかって2話削られてしまうことになり、笑いごとじゃなくて「故宮88話」になってしまいそうで、困っています。追加で一本出しましたが、もう一本は何を書けばいいか・・あるいはこのままで出してしまうか。中国で本を出すって本当に面倒!

© 2019 Nojima Tsuyoshi