2019/06/25

未分類

【講演のお知らせ】
アジアの言論状況について、7月6日(土)、中国研究所でお話をさせていただきます。ウエブ時代で自由になるはずの言論やメディアが逆にどうして不自由になっているのか、そして、自由のなかの悩みを抱える国と、不自由のなかの悩みを抱える国で、アジアは真っ二つに分断されているようにも見えます。反逃亡犯条例のデモに揺れる香港はその渦中にあり、自由と不自由の狭間で苦しんでいます。そんな香港の話題を入り口に、中国、台湾、東南アジアの最新のメディア・言論状況への分析を皆さんにお伝えしたいと思います。ご参加のほうをお待ちしております。

日時:7月6日(土) 午後3時~5時
場所:中国研究所(東京都文京区大塚6丁目22−18)
テーマ:ウエブ時代の「自由の悩み」と「不自由の悩み」――二分化が進んだアジアの報道・言論の自由
講師:野嶋 剛 氏(ジャーナリスト、大東文化大学特任教授)
参加費:所員・研究会員500円、一般1000円
参加申し込み:c-chuken@tcn-catv.ne.jp

© 2019 Nojima Tsuyoshi