2019/10/01

未分類

2017年台湾最大のベストセラーになった小説が日本上陸です。『房思琪(ファンスーチー)の初恋の楽園』が10月後半、白水社より刊行されます。台湾での出版後、著書の林奕含さんの突然の死去もあって、台湾社会を揺るがす話題になりました。その日本版の刊行を記念して台湾カルチャーミーティングの今年第4回目のイベントとして10/25(金)に以下のイベントを開催することにしました。本書について評論を書いている台湾の著名作家・張亦絢さんをお招きし、翻訳者である泉京鹿さんと対談していただきます。申し込みは以下の情報から。みなさまのご参加をお待ちしています。申し込みはこちらのリンクから。よろしくお願いいたします!
https://jp.taiwan.culture.tw/information_34_104233.html

日時:10月25日(金)18:30~20:30
会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(東京メトロ虎ノ門駅より徒歩1分)
定員:80名(入場無料、予約制。30分前開場、自由席)
ゲスト:張亦絢(作家)、泉京鹿(翻訳家・同書訳者)
通訳・司会:李琴峰(作家・日中翻訳家)

© 2021 Nojima Tsuyoshi