2019/12/23

未分類

【看板に偽りありの台湾風グルメ】日本で最近、何かと「台湾風」をつけることが流行っていますが、なかにはとんでもない「台湾風」があることも珍しくありません。ちょっと我慢ならなかったのが東急東横線沿線の駅にある店の「台湾風水餃子」と「台湾ラーメン」。水餃子に辛みのタレをかけるのは四川風の「抄手」であり、全く台湾風ではありません。しかも、冷凍の水餃子を使っていて味もひどい。この店の台湾ラーメンも名古屋の台湾ラーメンに似せているのでしょうが、辛味肉そぼろすら乗っておらず、単なるスープが辛いだけのラーメンです。この手のことには、あんまり細かいことは言わなくてもいいとは思っているのですが、最近のタピオカ・チャーハンとかも含めて「台湾風」の看板に偽りありぶりがあまりにひどいので、来年から「台湾風グルメ浄化運動」をはじめたくなりました。😤

© 2021 Nojima Tsuyoshi