2020/06/22

未分類

中国本土での国家安全法の運用をみれば、確かにこういうことになるのだろうけれど、香港、取材や調査もおいおい行けなくなる。

以下引用:「譚氏は香港の親中派の重鎮で香港の常務委の委員として法案成立に向けた議論に参加している。国家安全法案について「国籍や人種、経歴、職業に関係なく法律に違反することはできない」と述べ、誰もが例外なく適用されるとした。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO60639810S0A620C2MM8000?s=4

© 2020 Nojima Tsuyoshi