2020/09/09

未分類

上映中の映画「赤い闇」見てきました。メディア関わる人、必見の映画です。ソ連時代のスターリンの経済政策の失敗を暴くためにウクライナに潜入した英国人ジャーナリストの苦闘を描いたものですが、理想主義的な共産主義式農業を押しつけられた民衆の貧困ぶりの凄まじい描写でした。最近、過去のジャーナリズムの功績に関する映画が世界的に増えています。これは何を現しているのだろうと考えると、世界に広がっているメディア不信の裏返してで理想のモデルを求めている動きなのかと考えてしまいます。とにかくいい映画でした。パンフが売り切れで残念だった。

https://youtu.be/fm0T7am4dnw

© 2021 Nojima Tsuyoshi