2020/10/25

未分類

本日(10/24)は拓殖大学の桂太郎塾で「台湾は新型コロナウイルスをなぜ防げたのか」というテーマで、丹羽文生先生のお招きで、講演させていただきました。元台湾総督で拓殖大学の前身・台湾協会学校の初代校長でもあった桂太郎にちなんだ大学内の人材育成クラスで、さすがの優秀な学生たちの鋭い質問に感銘を覚えました。やはり聞かれたのが「なぜ台湾では若者の政治参加が活発なのか」。答えるたび、なぜかいつも少しずつ違った答えになります。私も100%の答えは持っていないからでしょう。教室からのオンライン講義でしたが、teamsを使うのは初めて。zoom、meetとの比較ができて興味深かったです。

© 2021 Nojima Tsuyoshi