2020/10/26

未分類

台湾の若者たちとヒマワリ運動など社会運動の関わりを描いたドキュメンタリー「私たちの青春、台湾」について、発売中のキネマ旬報11月号に批評記事を寄稿しています。納得のいく文章になったと思います。「ドキュメンタリーとしては失敗している。失敗しているがゆえに、成功している。そういう逆説的な見方がふさわしい作品である」というのが、この作品に対する私の評価です。傑作なので、ぜひ映画館へ足をお運びください。31日からポレポレ東中野などで上映開始、公式サイトはこちらです。http://ouryouthintw.com/

© 2021 Nojima Tsuyoshi