2021/06/02

未分類

昨日31日発売の週刊「エコノミスト」で、地政学から半導体と台湾について書いた原稿「半導体は独立守る『盾』 高騰するTSMCの価値」を執筆しました。半導体は技術的には文系記者にはとっても難しいところがある話だけれど(半導体のすべて、みたいな解説書買ったが、さっぱり頭に入らない)、TSMCなど半導体産業と台湾のサバイバルとの関係についてはこれからもウォッチしないといけない政治外交のテーマになっている。高口さんが中国パーツを書いていた。紙の仕事はやっぱり充実感がある。なんといっても紙媒体で育った世代だからかな。

© 2022 Nojima Tsuyoshi