2021/06/03

未分類

明治のメディア人・岸田吟香を研究している関係で、吟香の曽孫である岸田夏子さんとご縁が生まれ、銀座の名門ギャラリー・吉井画廊で開催中の「劉生・麗子・夏子 三世代による作品展」にお招きいただき、展示を拝見してきました。岸田劉生・岸田麗子・岸田夏子の三代にわたる画家一族の作品を一緒に見られるという、またとない機会です。岸田夏子さんの桜をモチーフにした作品の美しさは素晴らしいです。麗子像で知られる岸田劉生親筆の掛け軸もありました。展示は岸田劉生生誕130年を記念し、岸田麗子著「父 岸田劉生 愛蔵版」(中央公論社)の刊行を記念してのもので5日まで。この本は、もともと中公文庫から出ていたものに、岸田夏子さんの解説や単行本未収録の文章など多くの新収録作品を加えていて、大変おすすめです。

本の情報:

https://www.chuko.co.jp/tanko/2021/05/005436.html

© 2021 Nojima Tsuyoshi