2021/07/12

未分類

大学の埼玉キャンパスに所用があり、ついでに東武東上線を途中下車して、ずっと食べたかった川越のうなぎを食べに行く。創業200年近い老舗「いちのや」の名物、蒲焼き3枚乗せ「特製(大)うな重」と白焼きを注文。ご飯より蒲焼きのほうが多いと感じるうな重も、ふっくら柔らかい白焼きも、素晴らしかった。完食で大満足、少し早めの丑の日となった。川越というところ、町中が鰻屋さんだらけで、小江戸と呼ばれるだけあって街並みもいいし、なかなか楽しいところだ。

© 2021 Nojima Tsuyoshi