2021/09/10

未分類

【名古屋で連続講座を行います】
10月〜12月にかけて、名古屋市の栄中日文化センターで「台湾・香港と中国」という全3回の連続講座を開く予定です。
対面・オンラインの両方が対応可能です。こういうご時世ですので対面は感染対策をしっかりしたうえでの開催で、全国からもオンライン対応で応募いただけるそうです。もちろん台湾からでも。
昨今の台湾・香港と中国との間に起きている事態は日本にとっても他人事ではない、ということを講座ではお伝えしたいと思います。皆様の参加、お待ちしております!

非常歡迎台灣的朋友們的線上參加!(只用日文喔)

対面申し込み:https://www.chunichi-culture.com/programs/program_169383.html

オンライン申し込み:https://www.chunichi-culture.com/programs/program_192026.html

10月から始まる3カ月(3回)講座です。
【カリキュラム】
◆第1回(10月24日)
追う中国、逃げる台湾―ワクチン、民主、半導体をめぐる中台関係のいま
◆第2回(11月28日)
リンゴ日報の解体、アグネス逮捕―急速に失われる香港の高度な自治
◆第3回(12月26日)
台湾・香港に中国が固執する理由、そして日本への教訓と課題

【概要】
台湾、香港に関するニュースが増えています。それは偶然ではありません。大国として台頭し、拡張する中国が香港を飲み込み、台湾に迫り、日本に近づいているのです。香港返還以来の一国二制度が崩壊の危機に瀕する香港。統一への圧力にさらされながら、民主化を進めて独自の道を歩もうとする台湾。台湾と香港が直面する「中国」問題は、日本人にとって全く他人事ではありません。台湾・香港と中国の関係から、私たちは何を学べるのか、長年、第一線で台湾・香港問題に取り組んできた講師と一緒に考えます。

© 2021 Nojima Tsuyoshi