2021/10/02

未分類

 

昨日(9/30)発売の「週刊文春」今週号で、中国で経営危機に陥っている恒大集団について「共同富裕」と「江沢民派」の観点から考えた記事を書いています。恒大の香港人(金)脈は彼らの生命線でしたが、昨今の香港情勢と絡めて考えると恒大への中国政府の冷淡さには意味深な点があると思います。よければご一読を。ところで、同じ文春の今週号には木村伊量・元朝日新聞社長の新刊インタビューが載っていました。かつての大上司と同じ雑誌で記事が並んで感無量(?)。

© 2022 Nojima Tsuyoshi