2022/05/21

未分類

昨日は大阪府箕面市で「みのお中国文化に親しむ会」のお招きをいただき、「台湾に日本はどう向き合うべきか」と題した講演をさせていただきました。会場は満員、刊行したばかりの『新中国論 台湾・香港と習近平体制』は25冊完売しました(もっと持ち込めばよかったです)。

今年は日中国交樹立、日台断交の50周年。それなのに国民感情は外交のある日中は最悪となり、外交のない日台は良好極まりない皮肉な状態です。日中友好とは何だったのか、その裏側に置かれた日台はなぜ復活したのかなど、節目の今年にきちっと総括すべきだとお話しさせていただきました。

終了後は、美味しい箕面フレンチで乾杯!

© 2022 Nojima Tsuyoshi