2022/07/11

未分類

週末あたりに書店に並んだ月刊「中央公論」8月号の「軋む中国 実力と虚像」特集のなかで、「台湾人は徹底抗戦するのか」という論考を執筆いたしました。台湾の世論動向に関して、台湾社会を「共感の共同体」と位置付けて分析しました。オンラインでも近く抜粋が公開されるらしいですが、まずは雑誌を手にとって読んでいただけると嬉しいです。

https://www.fujisan.co.jp/product/1643/new/

© 2022 Nojima Tsuyoshi