2022/10/13

未分類

【ご著書紹介】
陳耀昌著、大洞敦史訳『フォルモサに吹く風』(東方書店)をご恵贈いただきました。やはり陳耀昌はロマンチストだ。すでに日本で刊行された『フォルモサに咲く花』同様に、登場人物に架空のオランダ人女性を据えることで、史実にロマンを組み入れて物語を編み上げている。どこか司馬遼太郎にも通じる筆致である。台湾では「福爾摩沙三族記」とのタイトルで刊行されたもので、大きな反響を呼んだ陳耀昌のデビュー作でもある。オランダ統治、そして、鄭成功によるオランダの駆逐。この歴史は、台湾400年史の起点となっているが、実際は詳しく語られることはなく、数行で終えられるのが常だ。オランダ人の血を引いている台湾人は想像するよりはるかに多いと陳耀昌は書く。そして陳耀昌自身もその一人なのだ。そのあとがきを読んだ時、私は衝撃を感じた。オランダの38年という長さを考えると、我々は日本の50年の濃密さを論じるが、オランダの38年と対比する視点を持とうとしていなかったのではないか。台湾の初期開拓は、原住民、漢人、ヨーロッパ人が交わって行われた。それは、中国からも近く、ヨーロッパ・アジア航路に位置し、太平洋にも開かれた海の結節点である台湾でしか起き得ないことだったかもしれない。そんな連想を広げる読書となる一冊である。大洞さんの翻訳もスムーズで読みやすく、巻末の訳者解説も本への理解をさらに深めてくれる。

本の情報:https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4497222138&bookType=jp

© 2022 Nojima Tsuyoshi