2022/11/20

未分類

【執筆のお知らせ】
昨日刊行された論壇誌『アステイオン』2022年97号に、『台湾で「他者」となる中国』を執筆しました。香港の一国二制度の形骸化、ウクライナ戦争、そしてペロシ訪台に伴う中国の大規模軍事演習という、この3年間に起きた3つの大事件によって、台湾社会が深いところで「中国を完全なる他者として認識した」という論点から書いています。ここでいう中国はカギカッコの「中国」で、台湾は常に「内なる中国」の相克という課題を抱えています。台湾の思想家・吳叡人との対話を軸に、この3年に台湾で進んだ思想的変化について考えたことをまとめたものです。「アステイオン」はサントリー文化財団が刊行している年二回刊行の論壇誌で、長く読んできたアステイオン、とうとう書けて嬉しい〜。振り返ると2022年一番頑張って書いた論考かも。1万字あるけど、台湾で翻訳出せないかな。
ご関心のある方にご一読いただければ幸いです。
今号のリンクはこちら:

https://www.newsweekjapan.jp/asteion/magazine/

© 2022 Nojima Tsuyoshi