2014/07/28

その他

緑内障の発症する可能性が「普通の人より高い」と言われたのが去年。
そのことは、このブログにも書いた。
健康診断で「緑内障の疑い」と診断され・・・
一年に一度、発症していないか検査にくるようにとのことだったので、
約束を守って、およそ一年ぶりに緑内障の権威の先生がいる虎ノ門眼科を訪ねた。
結論からいえば、特になにも発症していないとのことで、セーフ。
でも「来年もちゃんと検査に来るんですよ」って先生に念を押された。

それにしても、視野検査っていうものは、何度やっても緊張する。
暗闇のなかで、画面の一点をみつめながら、その周辺に点滅する光を見つけてボタンを押すのだが、
いつどこでどんなふうに光るか分からないので、しばらく点滅が途絶えたりすると、
実は見えていないような気がしてしまって、
どこかの視野が欠けているのかも、って思って背筋に汗をかいてしまう。
それにしても原因が分からないというのは怖い。
パソコンの使い過ぎという説は、この先生によれば「それじゃあシステムエンジニアは全員緑内障ですよ」とのことで、違うようである。
私の場合は、眼球の形がちょっと普通の人より緑内障に数%ほどなる確率が高いものだという。
ともかく気を抜かないで来年の夏もその次の夏もちゃんと検査に来よう。

 

© 2021 Nojima Tsuyoshi