2019/03/08

未分類

【ミャンマー朝ごはん】ミャンマー人は早起きでだいたい朝は路上店でご飯を食べる。やはり美味しいのは名物の麺「モヒンガー」。朝のモヒンガーなので「朝モヒ」と私は名付けている。

このモヒンガーという食べ物、ビジュアル的には本当にイケてないのだけれど、味は抜群。細い米線にスープをかけた料理で、スープには細かい川魚が煮込まれているようだが、実態は何が入っているかわからないし説明もしにくい。でも、美味しい。パクチーと乾燥唐辛子は必須。完食後におかわりスープももらえる。これとセットになるのが甘いミルクティー。

ミャンマー滞在のなかでは、ミャンマータイムズなどの英字紙を読みながら「朝モヒ」が日課になった。ミャンマーでは活字メディアがまだ元気なようで、路上の新聞スタンドはとても人気がある。

新聞スタンドの隣ではよく檳榔が売られている。台湾と比べて、石灰をまぶしているのは同じだけれど、檳榔の実は燻されて硬くなっており、細かく刻まれているように見える。

© 2019 Nojima Tsuyoshi