2020/06/15

未分類

新刊『なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか』(扶桑社新書)が発売されます。アマゾンで予約も始まりました!

台湾のコロナ対策がなぜこれほどうまくいったのか、とても気になっていました。調べてみると、かつて風土病で恐れられた「瘴癘の島」から世界最先端の「防疫の島」に生まれ変わった歴史的な意義があること、SARSのあとの防疫体制の整備の裏に李登輝人脈がいたことなど、想像していなかった発見も多く、ワクワクしながら最後まで書き進めることができました。民主主義、台湾政治、台湾史、WHO、中台関係、日台関係など、思いつく限りのいろいろな角度から、世界を驚かせた台湾のコロナ対策を分析しています。日本が学ぶところは多いと感じました。

それにしても、校了から2日後に予約開始とは扶桑社さんは行動が速いです。これから、25日ごろに著者見本が届き、30日ごろに書店へ配本、7月2日が正式な発売日となります。

手にとってもらえると嬉しいです。これから時々宣伝します。どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.amazon.co.jp/なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか-扶桑社新書-野嶋-剛/dp/4594085385

© 2020 Nojima Tsuyoshi