2020/06/22

未分類

嘉義の「蓬莱」が閉店へ!
日本の肉まん=豚まん「551蓬莱」の台湾人創業者、羅邦強の親戚がやっていた嘉義の「蓬莱」が、端午節の連休(28日まで)を最後に人手不足のため閉店することになったという残念なニュース。
『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』で取り上げた店で、もう一度、ここのユニークなハンバーガーを食べたかった。551蓬莱の創業者である羅邦強は、嘉義の出身で日本統治時代に台湾から日本の大阪に移住し、戦後の大阪にとどまって闇市でカレー屋さんなどをやりながら、肉まんの蓬莱を立ち上げて大ヒットさせました。日本の台湾人創業者を代表する人です。
羅邦強と嘉義の親戚との交流は続けていて、のれん分けする形で始まったのが嘉義蓬莱で、なぜか肉まんではなく、台湾テイストのハンバーガーがここの売りでした。一つの歴史に幕が降りるという感じで、寂しいニュースです。

https://travel.ettoday.net/amp/amp_news.php?news_id=1742448&from=pc-newsshare-fb

© 2020 Nojima Tsuyoshi