2020/11/01

未分類

【乗鞍でヒルクライム!】サイクリストなら一度は走りたい乗鞍エコーライン。長野県の乗鞍高原を出発し、雄大な景色の坂道を森林限界を超えて駆けあがり、日本で車両が行ける最高地点である標高2716m(富士山五合目より高い)まで駆け上がりました。距離は20キロ、標高差は1300メートル。目標タイムの1時間半には及びませんでしたが、なんとか2時間切りは実現。とにかく標高2500mを超えると空気が薄くて息が切れる・・・。ところどころで路面が凍結していてビビりました。今日10月31日をもってエコーラインは冬季閉鎖するとうことで、各地から集まったサイクリストと道中励まし合いながら完走。無事下山すると体重は1・5キロ落ちていました。いつものことですが、ライドの後のビールは死ぬほどうまい。来年はアジア最高地点の台湾の武嶺に行きたい!

© 2020 Nojima Tsuyoshi