2021/05/17

未分類

台湾の近藤弥生子さんからご著書『オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと』(ブックマン社)をご恵贈いただき、この週末に拝読させてもらった。今月24日にはオードリー・タン氏の日本記者クラブでの講演があり、拝聴する予定で、その事前勉強にもなった。オードリー・タンの本は日本ですでに何冊も出ていて、オードリーバブルと言えなくもない。そのなかで本を出すことは勇気のいることであるし、読んだ限り、近藤さんが非常に丁寧に本人にアクセスし、言葉の輝きを引き出そうと努力したことがわかる。オードリー・タンという個性は、私たちとは基本OSが違う。なんか別の時代の人類のような感じで、江戸時代から明治時代の人を見ている感覚かな・・。だから日本人を引き付けるのだろう。日本人が切り替えないといけないことを突きつけられているような思いになる。加えて、彼女を生んだ台湾から日本はなにを学ぶか、という時代になっていることを実感する。すでに4刷だそうで、これも大変羨ましい 笑。

本のHP:https://bookman.co.jp/book/b561040.html

© 2022 Nojima Tsuyoshi