2022/01/10

未分類

新年早々、本と記事と論文の締め切りが続々と訪れ、大学も来週から始まるし、新年気分になれないままの2022年です。一方で、年末までにやった仕事が次々と成果物として戻ってきています。

中国研究所のご依頼で「中国研究月報」12月号に佐藤・小笠原・松田・川上著『蔡英文再選ー2020年台湾総統選挙と第2期蔡政権の課題』の書評を書かせていただきました。
あの総統選からすぐにコロナ時代に突入して、あっという間の2年が過ぎました(遠い目)。台湾も政治の号砲が今年後半あたりから本格的に鳴ります。台湾の現地観察に頻繁に行くことは難しそうなので、遠隔のお勉強で勝負!という選挙観察になるかもしれません。その前に一読して2020年選挙を復習しておくのにとても役立つ一冊です。

© 2022 Nojima Tsuyoshi